トップイメージ

キャッシングについての支払い方式は、クレジットカード会社各個でかなりへだたりというものがあり様々な手法が取り入れられてます。

一般的なところではスライド方式やリボルディング方法などが導入されているみたいです。

またこういう誰しもわかっているリボですけれども本当のところ勘定方式にいろんな手法というものがあります。

それでその種別に応じて返済合計金額が変わってきてしまいますので、知ることで損はないと思います。

そうしたらやさしくこれらの手法の相違について説明しましょう。

はじめは元金均等払いで次は元利均等払いです。

それぞれそう呼ばれているように、元金に関してを均一に返済していくという方式と、元本と利率に関して一緒にして均一に支払っていく方式になります。

ここでは10万円カードローンをしたと設定して実際上どんなような算定をするのかみてみましょう。

金利はどっちも15%と仮定して算定します。

またリボなどの金額を1万円と設定し算定します。

まずは元金均等払いからいきましょう。

斯うした場合の最初の支払いは1万円に対して利率分の1250円を加えた引き落としとなります。

次回の返済に関しては1万円へ利子分の1125円を加算した引き落とし額になります。

こういったようにして全部で10回にて支払を済ませるという方式となります。

他方元利均等払いとは1度目の支払に関しては1万円で元本に8750円金利へ1250円という具合で分配するのです。

2回目の返済は元金が8750円へと減った状態で利率を計算し、1万円を再度割り振るのです。

別言すれば、元利均等払いの場合は10回で支払が終わらないといった計算になってしまうのです。

こればかりのずれで双方がいかに違ってるのかがわかってもらえたと思います。

元利均等というものは元金均等と比肩し明らかにもと金が縮小していくのが緩やかというような不具合があるのです。

換言すれば利子をおおく返済するということになるのです。

他方最初の引き落しが少なくて済んだという強みというものもあるのです。

かかる引き落し方法の相違によって引き落し合計額が異なってきますのでご自身の好みに合った方針を取るようにしましょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.kodeshlibrary.com All Rights Reserved.