トップイメージ

現実にコンピュータの画面の前で、休むことなく上下動している市場を見るとどことなく売買をしなければならないという欲求が沸き起こる人も多いと思います。

だけど、不確かな思いつきで注文することは間違ってもしてはいけません事実、相場は四六時中、常にどこかの為替相場が動いているし、市場も休みなく変化しています。

だからといって、闇雲に売り買いを積んでいくとその回数分だけ損をする可能性が高くなってしまいます。

もちろん、注文の数を積み重ねる事で、儲けられる確率が半々になります。

けれどもこれは「明確でないインスピレーションで売り買い」することとは話が違います。

売り買いの回数を重ねる事の意味は自ら「ここはいける」と思いついたチャンスを得られたところでの取引回数を積み重ねるという事です。

格段の理由がなく、エントリーを経験するのとははっきりと違う。

マーケットの駆け引きに勝利するためには深く考えて緩急をつけることこそが大事です。

「ここだ!」と思い至った外国為替相場の時にはいっそ保持ポジションを増やして、意識して儲けを求めます。

「だいぶ分かりにくい為替相場でどう動くのか理解できないな」と考えた時はいっそのこと所持ポジションをひとつ残らずクローズして何もしません。

それぐらいのけじめをつけた方が結果的にはトレードはうまくいくものだ。

マーケットの名言には「休むも相場」というものがある。

本当に言葉どおりだと感じます。

取引とは、売買ポジションを持っていることがすべてではなく売買ポジションを持たないでじっと見ていることもまた必要です。

では、どういった時に、休みどきなのでしょうか。

第1に言われるのが前述したように、今の為替相場がしっかりとよく見えない時。

今から高くなるのか安くなるのかわからないような時は、分からないまま行動すると、自ら書いた物語とは違った方向に市場が向ってしまい損をする事になります。

そのような状況ではポジションを減らしてそのままの状態で黙ってみているだけがいいと思います。

もうひとつの場面は、あなた自身の体調があまりよくない時です。

体の状態とマーケットに関係ないと感じる投資家もいますが実は考えている以上に関係があります。

健康状態が変な時は、市場の大切なところで、落ち着いた決断を下すことができなくなります。

気乗りがしない時はトレードから距離を置くことも大事なことだ。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.kodeshlibrary.com All Rights Reserved.