トップイメージ
使用レシートの保持する必要はあるのか???結果についてお伝えすると保有する重要な理由は特段ないというのが解答です。ある人によっては所持していることによって個々が会計した証拠を残しておきたいと思う際であれば残せばよいのだろうし、もしもそれらの証拠は必要ないという場合にはとっておく必要はないと思われます。だが送付されてくる使用履歴との照合には例外なくこの利用レシートは不可欠となります。そこまで最低限保管しないとどこの場所で何日にどのくらい使ったか?について明確でなくなってしまうだけに限らず、誤った請求の他重複した請求に関する照合すら不可能になってしまうので気をつけなければなりません。おそらく使った履歴は利用レシートを保管していない限りは覚えておくことはできないはずです。利用明細書類が手元にくる1ヶ月から2ヶ月くらいの期間はなくさずに保存したいものである。クレジットカードの利用レシート処分の方法)クレジットの利用レシート処分の方法はシンプル。誰かに不正な利用をされないよう、できるだけ小さく裁断して破棄するだけです。小さな機械等が自宅で利用できるようであれば念のため使っても良いだろう。クレカの使用を証明する利用レシートなのだからカード番号等個人情報の内容について判別できるものが詰まっています。普通の利用レシートとは思わず、破棄は細心の注意を払って行うべきです。近頃は安全対策のために利用レシートにクレジット番号などの個人情報が表示されていないことも出てはいるが、安全と思い込むことは禁物であると思います。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.kodeshlibrary.com All Rights Reserved.