トップイメージ
クルマを持っているあなたであれば知っているはずですが、自動車税なるものを支払う義務があります。そして自動車税は、クルマの売却時に当然のように還ってくるお金なのです。こういったことは実際、実行すると直ぐに覚えられますが順番に分かりやすく紹介しましょう。事前に注意書きしておけば、国内のメーカーのクルマに限らず外車も税金が還ってくる対象に決まっています。これは車についてもそうですね。自動車税は自動車を持っている人が支払い義務を負うお金ですが自動車の排気量の大小毎に規定されています。1リッターより低いならば29500円1リッターより上で1.5リッターまでだと34500円になります。その後は500cc毎に5000円ずつが乗ってきます。そしてこの金額は4月1日現在ので車を保有している人が、以後一年分のお金を納めることになります。つまりは事前納付になるということですので、クルマを引き取ってもらって、所有権を手放した際では先払いした分の金額は還付されるんですね。この自動車税の場合は前払いで以後一年分の自動車税を納付しますので、その年度内に車を売った場合は入れ替わった所有者がこの税を負担するということになります。買い取った相手が中古車買い取り専門店ならば、買い取り時に自分が払いすぎた税金を返金してもらえます。まとめると所有者でなくなった時からの税額は新しい所有者が納税義務を負います。もしも自分が10月に車を引き取ってもらったなら11月から翌年3月の間までの払った税金は返金されます。というのも繰り返しになりますが自動車税の場合は一年分を先に支払っているということから来ています。要は前オーナーは売却先に自動車税を返還してもらうということになります。業者を介さずに車を売却する場合、意外にこうした知識に気付かない方が見受けられるのでぜひ確かめるようにしてください。自動車税という税金は自動車の売却で返金されることをほとんど知らない人が多い事を利用してそれを悪用する買取業者もあります。こちらから税金に関して言わなければ税金のことには触れないという場合もたびたび見受けられます。なのでクルマの買取をするさいには、払いすぎた税金が返金されるのかどうかをチェックすることを怠らないようにしましょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.kodeshlibrary.com All Rights Reserved.