トップイメージ
 私は、3年くらい前に恐ろしい関節痛というものに襲われたことがありました。それはどうしてそうなったのかというと、すべてインフルエンザが原因です。  そのとき、インフルエンザが大流行していたのですが、私も不注意でインフルエンザにかかってしまいました。そして、そんなインフルエンザの症状で恐ろしかったものの1つがひどい関節痛です。それは、腰から足から体の関節がとても痛くなり、ただ単に寝ているだけでも一苦労といった感じで、その痛みは3年経った今でも覚えています。  その関節痛というのは、整形外科にかかるような関節痛ではありませんので、ただひたすらインフルエンザが治るのを待つしかありません。インフルエンザを治すには安静にしていることが大切ですが、関節痛があってそれもできないのですから、まさにそれは地獄でした。  あのときの関節痛は2度と味わいたくありませんので、今後冬になってインフルエンザが猛威を振るうでしょうが、十分気をつけたいと私は思っています。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.kodeshlibrary.com All Rights Reserved.