トップイメージ
実家で飼っているねこはちびと言います。 このちびちゃんは私が高校生の時から飼い始めたのでもう10年近くおります。 今はおじいちゃんねこです。 とっても人懐こくおとなしい子で、初めて会った時からそれはかわりません。 初めは捨て猫だったんです。 実家は山のほうなので、捨て猫、捨て犬が多く、よく役場に連絡したものです。 それがなぜちびちゃんだけ飼ったかというと、その人懐こさなんです。 子猫だったちびちゃんは、すりすりと足に擦り寄ってきて鳴くのです。 ガラス戸の前で鳴くのです。 そして、情に流され飼ってしまいました。 祖母は猫が嫌いだったのにいつの間にか好きになっているし、やっぱり寄ってくると かわいいんですよね。 最初はずっと外で飼っていました。餌も縁側に置き、ダンボールで作った寝床に寝ていました。 それがいつの間にか家の中に。 ちびちゃんが勝手に入ったわけではないのです。 私と姉がお嫁に行ったさみしさから、父と母が家の中で飼うようにしたようなんです。 帰省したときいつのまにかちびちゃんが家の中にいて驚きました。 それからずっと私たちのかわりに父と母の心のお世話をしてくれているちびちゃんなのでした。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.kodeshlibrary.com All Rights Reserved.